• soraumi2011

透視の授業って、こんなことやってます♪

昨日は透視セラピスト養成講座アドバンスコースの授業でした。




「透視の授業って、どんなことしはるんやろ」

と思われますよねぇ。

透視の場合は一般的に

「私にはできない」「特別な能力を持った人しかできない」

と思われがちですが、基本はそうではありません。

やりたい!と思い(←これ大事)、理解し実践を積み重ねれば、その能力の出方にもよりますが誰でもできるようになります。

まず透視には私なりに理論があって、

なぜ見えないエネルギーや見えない世界が見えたり感じたりするのか、その目的について、などの理論から入ります。

(透視がその人の人生に与える意義、ですね。)

透視を実際にしようと思うと、理解し体験しなければわからないことがたくさんあります。

例えば、

目に見える現実世界はどうやって作られているか、とか、

時間と空間の概念、

視覚化(イメージ)することの本当の意味、

自分という存在と自分以外の存在について、

エネルギーと量子力学

などなど、それらを理解するために、受講生のみなさん色々な体験が始まります。

授業で毎回するワークやテクニックを、現実世界で実際に体験する感じ、です。

私の場合は、小さい頃から物や人の周りに色々なエネルギーが見えていて、言い換えると「多次元的に」見ていたわけです。

なので、今この瞬間にも、他に違う次元の世界があることを本能的にわかっていたんですね。

(例えば、未来とか過去とか時間を飛び越えた世界や、その人の心の中にある思考・感情といった別の空間世界)

昨日のアドバンスコースでは、「アストラルチューブの使い方」というワークをしました。

これは、イメージしたことを現実化させたり、モノや状況、人のエネルギーを設定したとおりに変えるテクニックのひとつ。

イメージしただけではなかなかみなさん叶わないことが多いと思いますが、それはなぜかというと、

「イメージ自体が持つエネルギーが低い」からと言ったらわかりやすいでしょうか。

そのイメージ自体にエネルギーを持たせることで、イメージに力が加わり、量子力学でいう「点」が集まって物質化するのです。

エネルギーを持たせる方法は、基本は「集中」と「方向性」です。

透視の授業って面白そうでしょ?(^_-)-☆

学んでいくうちにテレポーテーションやテレパシーも使えるようになっていきますし、

この物資世界のしくみが全体的にわかるので、

生きるのもかなり楽になります♪

現在プロのセラピストさん・ヒーラーさんが

「もっと深く学びたい」「魂レベルの深いリーディングをしてたくさんの方を本質から癒したい」「イメージの現実化を実践したい」

と言って学ばれる方がもちろん多いのですが、

普通の主婦の方、OLさんも学んでいらっしゃいます。

昨日の受講生の方から授業のご感想をいただきましたのでシェアしますね♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日は、アストラルチューブの使い方を学び、さっそく実践! この実践練習が毎回かなりの功を奏し、1回の授業ごとの変化が凄い…(^^;) 今日は授業の後も、思考はクリアに感情は深く静まって、ふと気づけば、ランチを満喫したのに時間が経ってない!? 狐につままれたって、こういう感じ?(・・;)

(50歳代女性・プロセラピストさん)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も読んでくださりありがとうございます。

愛と優しさに満ちた、素晴らしい1日をお過ごしくださいね☆

そらとうみ代表

永田しのぶ



 

 株式会社そらとうみ そらとうみセラピスト協会 ◆京都本校◆ 京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91 JR・地下鉄・京阪山科駅徒歩1分 ◆大阪サロン◆ 大阪市中央区南本町3-3-25アーバンライフ御堂筋本町タワー1404 地下鉄御堂筋線本町駅徒歩1分 ◆◇そらとうみ公式サイトはこちらから◇◆