top of page
  • soraumi2011

手放しのタイミングがきたら、新しい自分がもう始まっている。ということ。

昨日は京都サロンにて、明子さんの透視リーダー養成講座本科、受講開始でした。











キラキラの可愛いノートを頂きましたよ♪

嬉しいー(^O^)

私も、「いがらしゆみこ美術館」で買ったポストカードをお返しにプレゼント。とても喜んでくださいました(^-^)


さて、透視の授業開始ということで、毎回どの講座も授業初回に


「受講後どんな自分になっていたいか、

どんなことができるようになりたいか」


受講目的を明確に書いてもらっています。


具体的に書くことによって意識がそこに向き、受講終了後ほんとにみなさんそうなっているのです。


透視リーダー養成講座の大きな目的は、透視リーディングの技術習得やネガティブなエネルギーを光へと変換できることはもちろんですが、


そのために


「自分と周りに対してありのまま無条件の愛を表現し、

高い次元の意識と波長を合わせ調和し、

本当の自分(愛と光)で存在すること」


が大切になってきます。


授業に入ると潜在意識レベルでの信念、観念、感情の手放しがどんどん始まり、


びっくりしてしまう方も少なくありませんが、

手放したあとは、新しい次元のものがちゃんと入ってきますので大丈夫です。


自分の波動が変わるので、引きつけるものが変わり始めるのです。


それなのに、今までの自分が引きつけていたものをぎゅっと握りしめていると、そこには抵抗(反発するエネルギー)が生じ、


体調や感情にサインとして現れます。


(‾∀‾)


自分に合わないものは、どんどん手放していく必要があるんですね。


(物質の場合は、人にあげるか感謝して捨てるかしてください。)


みなさん見ていると手放すときにかなり勇気がいったり、罪悪感をもつ場合が多いようですが、


本当のあなたは、手放したあとにちゃんと新しいものが入ってくることを知っていますから大丈夫です。


罪悪感を感じる自分も、優しく認めてあげてください(^^)


今日も素晴らしい1日を♪


そらとうみでは今日はひろみさんの透視リーダー養成講座本科の授業♪

毎日、楽しく素晴らしい学びを共有させて頂けることに感謝です☆


ありがとうございます。

そらとうみ代表 永田しのぶ

Komentáře


bottom of page