• soraumi2011

クライアントのどの部分に共感するのか?

おはようございます、永田しのぶです。




養成講座の授業中や、プロのセラピストさん達と毎日お話する中で、

「クライアントさんのどの部分に共感するのか」

ということはとても大切なところ、といつもお話します。

例えば、クライアントの表面意識(自我やエゴの部分)に共感するのか、

もっと深いスピリットの部分に共感するのか。

自我意識に共感するのは簡単です。

クライアントが語っていること(頭で考えていること、ネガティブな思考、想念)に対して、

「そうですよね、わかります。つらいですよね。私も同じですよ。」

「こういう方法とればうまくいくんじゃない?」

と同調し、「気持ち」を分かってあげたらいい。

けど、それだけだと、

クライアントは聞いてもらってスッキリするけど、

気持ちを分かってくれる人が現れて嬉しいけど、

根本的な解決や、

その方が本当の意味で進化成長するまでには至りません。

私はセッションや授業において、常に、

それぞれの方のもっともっと深いところを見ています。

全体を、少し離れて超客観的に見ている感じです。

すると、

意識の層が見えてきます。

すべての人の奥深くに、スピリットがあります。

本当はとてもとても輝いています。

光でできていますから。

でも、私たちは3次元物質世界という地球に、

体や意識のベールをまとって生まれてきていますから

その輝き自体を本人が感じられていない場合が多いのです。

自我意識の中で、

さまざまな想念を反映した「現実」という世界を

ドラマのように見ながら体験し、

ぐるぐる回って終わりがない。

現実は反映されたものである以上、いいも悪いもありません。

ですが、原因は想念にある、

現実はその自分の想念が作ってるんだよ、

と本で読み、誰かに教えられ、

じゃあ想念を変えたら素晴らしい現実が作られるはず!

私は幸せになれるはず!

という想念にまたまた陥ってしまいます。

自我想念は増幅することに長けていて、

うまく原因追求させ、

「○○したら、幸せになれるはず」という幻想を手放すことを許しません。

3次元ゲームの中において、こうして自我想念は絶えず作られていきます。

(自我想念が悪いわけではもちろんありません。)

これからはスピリットで生きる時代。

誰の奥にも輝くスピリットの部分を常に見て感じることができるように、

まずあなたから、自分のスピリットの輝きに目を向けてください。

意識を向けたところに増大が起きます。

自我想念に意識を向けると増大します。

本当の意味で「大いなる源と合致し、あなたが本当に望む新しい現実を作り上げる」ために、

3次元自我ゲームを終わりにする人がいま、

少しずつ増えてきています。

今日もありがとうございます。

そらとうみ 代表 永田しのぶ